見込み客を確保する

とある大人気の映画があったとして、このままでは前年の最高だった入場者数や、興行金額を超えると予想されます。このまま延びれば去年の最高額を上回る見込みが確実にあるのに、もしそこで映画の公開を断ち切ってしまうのなら、本来は見込めていた入場者、それに興行金額が『見込み』に達しない、という問題が生じますから、これから顧客やサービスを受ける見込みの分を達成するのに、途中で会社をたたんでしまうことなんてありませんよね。そこには期待値が掛かっているので、勿論人気が続く間は長期間上映されることとなりそうです。

企業が行うマーケティングも、より今後の見込み、これからさらに関心を持って貰うために重要な事である、と言えます。見込み人数や金額に達成しないうちに映画を断ち切らないように、企業も途中で何の前触れも無く切ってしまうことはありません。

コンテンツマーケティングという、より個人の関心に訴えることが出来る方法を用いることによって、既存の顧客だけで無く、新しい顧客を獲得することにも繋がるでしょう。このコンテンツマーケティングは、新世代のマーケティングのあり方です。これが推進されていくことによって、発展していきます。