コンテンツマーケティングとは

『知る』ということの重要性が、昔と、現代においては非常に変わってきたと言えるのは、私達がすでに『知る』ということに関してあまり考えなくても行うことが出来るようになったからかもしれません。知ることは私達に取って良いことですが、もちろん自分たちが知りたいと思った情報のみを知りたいという方もおられるでしょう。それがどれだけ誰かにとって高い価値のある情報だったとしても、自分にとって価値の内情法であれば、それらの情報を取り入れる必要性が無い、と考えられるかもしれません。

確かに私達は覚えられる情報も、受け入れることが出来る情報量にも限界がありますから、より自分たちに会った情報を受け入れて、活用していきたいと思っています。それは、だれもが臨んでいて、これからの時代の課題、とも言えるでしょう。

しかし、そもそも『知る』ということに関する手段がかなり多くなってきましたから、私達は意識すれば自発的に様々な情報を知ることが出来ます。当然、自分たちの関心のある情報が優先的になりますが、従来において、企業からなされていた『広告』や『宣伝』というものは、まさにそれとは真逆の状態にあったもの、といえるかもしれません。あくまで一方的なそれは、私達の手を止めることはできるかもしれませんし、強引に注意を引くことはできるかもしれません。しかしそれが私達にとって不要な情報であれば意味が無いこともあります。それを、より個人に適したものとする働きが、コンテンツマーケティングです。